チャットシステムを選ぶ時に気を付けたいコトをメモに取ろう

チャットシステムを選ぶ時に気を付けたいコトをメモに取ろう

パソコン

チャットシステムの選び方

企業によって導入すべきチャットシステムは全く違います。比較的小さい会社であれば、テナント数が少ないため特別な管理は必要ありません。それこそチャットシステムが不要になるでしょう。一方、大手企業の場合は、テナント数が多くなるためシステムなしで管理するのは無謀です。会社の大きさ、テナント数を考慮してチャットシステムを選ぶことで、各企業に最も適しているシステムの導入が可能です。

チャット

みんなが抱えるシステムへの不満

業務の足を引っ張るようなチャットシステムでは業務活性化は叶いません。例えば、UIの重要性を知らず、なんとなく導入したチャットシステムは結局仕事で活かせないままでしょう。大事なのは、自由にカスタマイズをして使いやすくすることです。この場合、自社のホームページに合うデザインにしたり、リアルタイムでモニタリングを行ない、問題点を理解したりする機能が必要です。

チャット

不満を解消するために必要なこと

管理画面の自由化、運用や管理機能の充実性、SNSとの連携などがシステムに対する不満を解消するポイントです。もっと便利に使うなら、テナントごとに管理者を変更できる機能があるといいでしょう。データベースが一元化されていなかったり、テナントごとに契約を要したりなどの問題は、管理者設定機能でカバーできます。

自分で作る?それともサービスを使う?

自社で開発する場合

そもそもチャットシステムは個人情報のやり取りが行なわれる場所なので、それを考慮して自社開発を行なうことが求められます。また、チャットシステムは複雑なプログラムを組み込ませないと完成できないため、知識がない場合はかなり時間がかかります。しかし、オリジナルのチャットシステムができることは強みなので、使い勝手のよさなら他サービスに負けることはありません。

サービスを利用する場合

すでに完成されている状態なので、導入と同時にすぐ使うことができます。自社開発にかける時間を削減できる他、仕事で必要な機能をカスタマイズできる点もチャットシステムの大きな特徴です。

広告募集中