会議によくある悩み

  • 遠くにある本社との打ち合わせが難しい
  • 人がなかなか会議室に集まらない
  • 場所の確保に時間がかかる

テレビ会議の時代到来!楽して会議をする企業が増えた理由

会議室

サービスの活用例は様々

今後業務をする上で欠かせない会議。しかしリストに挙げたような悩みはついて回ります。解決法としては、テレビ会議をうまく活用することです。サーバーを介さず、ダイレクトに相手と繋がりを持てるのが特徴的で研修会、セミナー、web面接など様々なシーンで使われています。また、会社ではテレビ会議以外にも、業務を円滑にしようとチャットを使用して業務連絡を行なっているところも数多く存在します。このように様々な方法によってスムーズに業務を進めることが可能なので、ぜひとも導入して活用させるとよいでしょう。

会議の無駄を省くのがテレビ会議の狙い

資料なくして会議を進行することはできません。時間もおしていますから、いかに早く終わるかが重要でしょう。テレビ会議を使えば事前に資料をアップロードできますし、表示したまま進行できます。また、急な会議の場合も資料の修正や差し替えを簡単に行なえるのも利点でしょう。細かいミスがあってもその場で修正すれば間違った情報を相手に伝える心配はありません。

情報漏洩も守られる

テレビ会議で最も心配なのは情報が漏れてしまうことです。特に外部に流出してはいけない会社資料なんかはデータが端末に残ると大変危険です。テレビ会議ができるサービスの場合、情報を残さない設定ができるので、安心します。

導入方法を見てみよう

クラウド環境を使ってもいいですし、お客さんのデータセンターから構築することができます。かけられる予算は依頼者で違うので、導入方法と予算を照らし合わせながら決めましょう。

テレビ会議にするメリット3選

no.1

コスパ削減ができる

会議に使う資料はすべてデータなので、プリント代や資料を保管する場所を確保する必要はありません。印刷不要なら、電気料金を一気に減らせるでしょう。

no.2

参加者の理解度が増す

会議の参加者に合わせたページめくりができる他、マーキング機能を使って一番伝えたい部分に視線を誘導することができます。紙資料の場合、これができずにいましたが、テレビ会議だと楽に行なえるため、評判がいいです。

no.3

作業負担が各段に減る

会議資料を人数分用意しなければならないため、とても面倒ですがテレビ会議にすることで手間を省くことができます。また、会議後のファイリングやシュレッダーも必要なく、とても重宝されています。

不安を解消して業務に活かそう

テレビ会議導入前に、ネットワークの環境を前もってチェックしてくれます。これは、ネットワークに対する不安を解消するためのものです。テレビ会議をより便利に賢く活用するには不可欠でしょう。

広告募集中